上京時の一人暮らしにおすすめの都内のエリア

地方から東京に上京する時には、東京の家賃に驚かされることがあると思います。
地方の家賃相場の倍くらいの価格といっても過言ではありませんから、上京時の一番の悩みは引っ越し資金と家賃の問題だと思います。

 

一人暮らしに適した部屋でも、多くの物件は8万円程度します。
8万円程度の部屋を借りるとなると、初期費用は家賃×5から6をかけることになるので、40万円程度かかります。

 

しかし、東京でも、しっかりと物件を探せば穴場スポットも見つかります。
同じくらいの物件でも、少し奥にある物件などは、そのエリアの相場よりも安くなりますから、6万円台で借りることができる場合もあります。

 

6万円の家賃ですと、初期費用は30万円ほどまで抑えることができます。
しかも、自分の予算ないに収めることができる物件なので、新生活が始まってからも生活が苦しくなったりもしません。

 

渋谷や新宿などの人気エリアの周辺は家賃も高いというイメージがありますが、駅を少し中心よりもひとつ遠ざけるだけでずいぶんと家賃が下がります。
たとえば、三軒茶屋などは人気エリアですが、駅ひとつ分は歩く(10分程度)こともOKとすれば、家賃の額はグンと下がります。

 

歩く距離が少しだけ増えるだけで十分リターンのあるプライスオフになるので、根気よく探してみることをおすすめします。

 

引越一括見積もり